Archives

2017年02月01日

第154回多摩探検隊「平和観音像に刻まれた遺志~東村山に堕ちたB29~」


東京都東村山市秋津町。ある民家の庭先に、1体の平和観音像があります。この像は、1960年に建立されました。太平洋戦争末期、1機のB29爆撃機が、日本軍の対空放火を受け、東村山に墜落しました。搭乗していたアメリカ兵11人全員が死亡しました。B29が墜落した民家に住んでいた小俣権次郎さんは、鬼畜米英と言われていた時代にも関わらず、丁寧にアメリカ兵の遺体を埋葬しました。どのような思いから敵国の兵士を弔い、観音像を建立したのでしょうか。東村山の平和観音像の物語を追いました。