2008年05月31日

なんと「多摩探検隊」が、第50回放送!

2004年5月から、ゼミで制作、放送を始めた地域再発見番組「多摩探検隊」が、ついに6月放送分で第50回放送を迎えることになりました。 ぜひご覧ください。本編は、www.tamatan.tv

よく続いてきたものだと思います。課題は、まだまだ山積みなのですが、地域メディア、市民メディアの実験場としては、大変有意義なものです。

2008年05月09日

「戦争を生きた先輩たち」

学徒出陣などで戦場に行った中央大学の先輩たちを、現役の学部生たち(松野ゼミ)が取材した内容をまとめた雑誌がでました。

特攻隊、沖縄地上戦、満州国、シベリア抑留、特別操縦見習士官、海軍士官など、立場と戦場が異なる体験を、先輩たちに語っていただきました。そして、戦争とはまったく無縁に育ったきた後輩は、その体験を聞いて、どう感じ、どう考えたのか。

「戦争を生きた先輩たち」を「、「平和を生きる後輩」が取材することで何が生まれたのか。ぜひ、この特集をお読みください。

『中央評論』中央大学出版部、定価315円。042-674-2351

080509_114453.jpg

080509_114423.jpg

2008年05月08日

「新聞ブログ」まとめ

毎年恒例になっている福井県高浜町での、子ども放送局プロジェクト。
今年は、小学校5年生チームが「新聞ブログ」作成に挑戦しました。
記事を書くだけでなくて、映像によるリポートにも挑戦しました。

http://newspaper-blog.jp/takahama2007/
http://newspaper-blog.jp/takahama2007-2/

昭島市立つつじが丘南小学校が「新聞ブログ」を使用して作成した「つ南小子ども新聞」です。
昭島市で毎年開かれる産業祭りを取材しました。

http://www.newspaper-blog.jp/tsunan1/
http://www.newspaper-blog.jp/tsunan2/

沖縄県南城市で、「新聞ブログ」の実習。地域情報化に役立てることができるかを実験しました。
トリミングした5枚の写真と5つの記事を準備すれば、あっという間に新聞ができます。
http://newspaper-blog.jp/nanjo1/
http://newspaper-blog.jp/nanjo2/
http://newspaper-blog.jp/nanjo3/
http://newspaper-blog.jp/nanjo4/
http://newspaper-blog.jp/nanjo5/
http://newspaper-blog.jp/nanjo6/
http://newspaper-blog.jp/nanjo7/
http://newspaper-blog.jp/nanjo8/
http://newspaper-blog.jp/nanjo9/


グッドデザイン賞を受賞した「新聞ブログ」を使って、「たまたん新聞」を発刊しました。
http://www.newspaper-blog.jp/tamatan-special1/

■箱根ブログ

http://www.newspaper-blog.jp/hakonetamatan_1/
http://www.newspaper-blog.jp/hakonetamatan_2/
http://www.newspaper-blog.jp/hakonetamatan_3/
http://www.newspaper-blog.jp/hakonetamatan_4/
http://www.newspaper-blog.jp/hakonetamatan_5/