2006年12月27日

「調布市民放送局」も無事に年越し

研究室がお手伝いさせていただいています「調布市民放送局」(Community Access Television Chofu, CATCH)も、無事に年越し。

市民の寄付だけで運営されているパブリック・アクセスは、日本で「調布市民放送局」だけではないでしょうか。よく一年間、持ちこたえました。行政やCATVからの補助がなくても、市民の寄付だけでなんとか運営していこうという姿勢には感服の至りです。さらに、日本の大手ケーブルテレビ会社「J:COM」でパブリックアクセスをやって一年もったことも実にすごいことだと思います。

CATVもデジタル化にともなって、チャンネル数が拡大します。そうすると、地域密着型で市民が制作に参加する機会が全国的に増えていくのは間違いないでしょう。真の地域情報化は、やはり地域の人々の地道で淡々とした表現行為によってなされると思います。CATV局にとっても加入者の増加に結びつくと思います。

自分たちが住んでいる地域には、知らないことがたくさんあります。こうした地域メディア活動によって、あらためて地域を再発見し、さらに、多くの人とめぐり合うことでネットワークが広がっていくと思います。高齢化が進む時代に、助け合いや支え合い、声掛け合いのネットワークは、箱物よりも重要になってくると思います。市民放送局は、その点では大きな意味を持っていると思います。

調布市民放送局の番組をチェックしているたびに、調布の物知りになっていくような気になるのと、番組に登場される調布の方々の人情を知り、なんだか調布に引っ越したくなります。

調布は、都会と田舎が合わさった「とかいいなか」(小西画伯)らしいのですが、番組を見ていて調布に対するイメージが大幅にアップしました。地域を愛する人々が番組を制作すると、やはりその地域愛が番組ににじみ出るのでしょうか。

こうした活動も、Web2.0的に言うとCGMとかUGCと言われるものでしょう。日本全国の自治体は、地域の人々に地域CMや地域番組を制作してもらうほうが、地域PRになると思います。表現ツールを使いこなすことは、さほど難しくない時代になりました。

調布市民放送局のサイトは、http://www.annie.ne.jp/~catch/ です。

調布.JPG

2006年12月16日

「審査委員特別賞」受賞!

勝又千重子監督(FLP松野ゼミ、総合政策学部3年)が制作した短編「敬老の日にありがとう」が 、 ふるさとビデオ大賞2006(審査委員:大林宣彦監督他)で、「審査委員特別賞」を受賞しました。


061216_2326001.jpg

2006年12月12日

鴨下信一・大先輩からいただいたサイン

『岸辺のアルバム』『ふぞろいの林檎たち』『白石加代子の百物語』『高校教師』などを演出したTBSの大先輩、鴨下信一監督から、ゼミ生にいただいたサイン。

P1000419.JPG

鴨下さんが語った言葉。
「会社は、その人に、『あー、この会社で仕事できて良かった』と言わせる環境をどれだけ提供できるかだね」

「会社は、その人だけでは発揮できない才能を、いかに育てて発揮させることができるかだね」

TBSドラマの黄金時代を築いた監督の言葉。
名作「岸辺のアルバム」についても、「今思うと、ああいうドラマが良く撮れたと思う。TBSにはそういうものを作れる環境があった」。

極めて含蓄のある言葉である。

テレビ局経営者は、素晴らしい制作環境を提供し、そして、ディレクター、プロデューサーは、プロとして、歴史に残る作品を制作する。デジタル時代だからこそ、もう一度原点を見つめ直す必要があるのかもしれません。

「ドラマ(番組)は、ITが作るのではなく、人間がつくるものだ」と、あらためて思った夜でした。

2006年12月10日

「Web2.0時代のメディア」連載

TBSメディア総合研究所が編集、TBSが発行している放送専門誌「新・調査情報」に、「Web2.0時代のメディア」を連載中です。

Web2.0時代のメディア(1)
「CGM」が変える広告モデル・・・第60号

Web2.0時代のメディア(2)
ノンプロ作品の世界発信・・・第61号

Web2.0時代のメディア(3)
テレビ、携帯との連動を模索する・・・第62号

・・・と来て、4回目は、

Web2.0時代のメディア(4)
視聴者を取り巻く環境の変化・・・第63号

の予定です。発売は、2007年1月です。

詳細は、http://www.tbs.co.jp/mri/info/info.html

chousa0611.jpg

2006年12月01日

「昭島子ども放送局」放送!

昭島こども06.jpg

「多摩探検隊」32回放送は、昭島市立つつじが丘南小学校の児童が制作した「昭島子ども放送局in昭島産業まつり」。

子供たちが考えたインタビューは、とてもユニーク。みんなパソコンも上手で、面白い完全オリジナル作品ができました。ぜひ、ごらんください。

現代社会の様々なメディアは、子供たちに大きな影響を与えています。有害なものを遮断したり、テレビを見ないでじっくり考えることも大事です。しかし、一方で、子供たちが著作権などの知識や危機回避方法を学ぶと同時に、自由な創造力で完全オリジナル番組を制作することも、大きな意味があると考えます。

「子ども放送局」では、既存のテレビや映像の物真似ではなく、子供たちが地元にある素材から自分たちの力で考え、礼儀正しくコミュニケーションして取材し制作していきます。

しっかり、足が地についた形で、メディアを使った表現能力を養うことは、これからのデジタル社会を生き抜く上でも重要であると考えます。最終的には、表現能力、国語能力、メディア・リテラシー、コミュニケーション能力、自己効力感などの向上を目指しています。


※子ども放送局は、小学生が地域に根ざした番組を制作するプロジェクトで、「多摩探検隊」が企画、サポートしています。ただいま、「子ども放送局」に参加したい小学校を募集しています。
お問い合わせは、こちらまで。